スポンサードリンク
Home >> 中国 >> 書評:『中国で尊敬される日本人たち』 朱 建榮

書評:『中国で尊敬される日本人たち』 朱 建榮

中国で知られる日本人について知りたくて読書。

中国人に対してより中国政府にとって協力者、理解者とも言える。日本でももっと伝えてもいいのかもと思う。

文化大革命を体験して生き抜いた日本人に興味がある。

中国は井戸を掘った人を忘れないと長年言われてきたし、今まではそうだったのかもしれない。しかし、今はどうだろうか。

日本ではあまり知られていないが、中華人民共和国は建国当初、反日国是ではなく、毛沢東は、帝国主義を指導した政治家や指導者と日本人を分離して考えていたようで決して反日であったと言い切れないようだ。

中国が韓国のような反日政策を全面に押し出したのは、江沢民時代だと思われる。技術を教えて欲しいと小平から乞われて中国へ工事用を作り、技術指導をした松下電器も反日暴動で襲撃対象となっているなど、中国は、もはや井戸を掘った人も関係ない状態になっているのではなかろうか。

中国は、民主主義ではないので、憲法や世論に関係なく政府都合1つで一夜にして変わるから恐ろしい。

読書時間:約1時間5分

本書は南千住図書館でお借りしています。

JUGEMテーマ:読書

2017.03.19 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:中国
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode