スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『野心のすすめ』 林 真理子

書評:『野心のすすめ』 林 真理子

林真理子と野心について知りたくて読書。

著者の本は初めて読んだ。成熟した著者が半生を語っており、非常に興味深く読める。著者の人間性が感じられて面白い。

冷静に客観的に自分自身を語っておりサラサラと読み進められる。

表紙帯の写真は、和田アキ子さんのように見え、途中の写真は、自身も書いているように南海キャンディーズのしずちゃんのように見える。そして、今の著者が一番、自然体で素敵に感じる。

妄想力を次への活力にする。
毎日少しずつ成長する。昨日の自分を超える。
運の強い友だちと付き合う。
隙間の時間を大切にする。

自分がどうなりたいかという野望を常にリアルに考えることの積み重ねが目標へ近づける。

読書時間:約1時間20分
(3月9日完読)

JUGEMテーマ:読書
2015.03.10 Tuesday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode