スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『サラリーマン「再起動」マニュアル』 大前 研一

書評:『サラリーマン「再起動」マニュアル』 大前 研一

今後の成長の種について知りたくて読書。

英語・IT・金融の3つのスキルが必要。マッキンゼー出身の人が述べることが多い3大要素。

いずれも足りない。継続に独力し続ける必要性を感じさせてくれた。
組織で生み出す付加価値と個人で生み出す付加価値の大きさや影響力の差について考えた。

3大要素の最後の金融は本書は世界の金融商品を学び、お金に動いてもらうことの重要性を訴えいる。おそらく日本にいるとほとんど情報が入ってこない分野の1つ。

オフショアファンド、海外の投資信託、ランドバンキングなど日本ではあまり浸透していない投資や運用法であるが、しっかりとt比較して、分散させてリスク回避しつつ世界の平均成長である6%程度の運用利子を確保することが大切。

思考停止に陥らず自分の頭で考え、行動し、成長していくことが自主防衛となる。

著者の意見は強烈で、好き嫌いがあると思われる。将来、有料電話はなくなっていくやブルーレイディスクや映画などを見るための記録媒体は消滅していくなど鋭いマクロ視点は刺激になる。

ミクロを見てマクロを見て、そして、もう一度ミクロへ戻る。

読書時間:約1時間15分

JUGEMテーマ:読書
2014.08.03 Sunday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode