スポンサードリンク
Home >> レビュー >> 書評:『インターネット的』 糸井 重里

書評:『インターネット的』 糸井 重里

インターネットについて知りたくて読書。

他の人のレビューにあるとおり、著者の先見性に驚く。

mixi、フェイスブック、ツイッターの出現を予見したような内容だ。

2001年当時だとダイヤルアツプかISDNでの接続が主流だったころだと思う。インターネット
は情報を得る、受身的な使い方が主で、情報発信する人は少数派だったと思う。

共感と共有をキーワードで変化した10年間。
ありがとうを集めるために作られたOKWaveのQ&Aサービスがヒットし、教えて!gooや
Yahoo!知恵袋のシステムとして採用されている。ありがとう、嬉しいと感じてもメールでお礼
を書く人は少ない(面倒なので)。だけど、ボタンをポチッと押すことで感謝の気持ちを簡単に
伝え、残すことができる。これをインターネットユーザーが求めだした。

今後、インターネットはどのような方向で発展、変化していくのだろうか。

読書時間:約35分

JUGEMテーマ:読書
2011.07.11 Monday | さんみげるK | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:レビュー
Comment








Trackback

Favorite

口コミ広告でSEO対策!口コミ効果 + 順位アップ = 売上げアップ!

Recommend

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode